保健師求人への応募│万全の対策で採用を勝ち取ろう!

保健師求人 → 保健師求人の面接・試験対策について

保健師求人の面接・試験対策について

保健師の転職の際、対策を練らなければ対応が難しい場合があります。なぜなら大抵の場合、面接試験だけでなく筆記試験もあるからです。事前に調べておくことや勉強しておくことはある程度決まっていますが、採用場所によって詳細は変わります。
保健師に転職しても、実際違ったら。

例えば民間での採用試験は、面接と履歴書のみで判断されることもあります。その場合は、筆記で得点を稼ぐことはできませんから、履歴書の内容や面接でアピールすべき内容を熟考しなければなりません。

ですから採用にかかわる内容をよく調べておきましょう。たとえば試験に取り扱われる科目が事前にわかっていれば、それを復習しましょう。公務員試験対策の予備校を利用するなど、試験についてよく知っている人に教えてもらうのも良いですね。

筆記試験の他に採用の基準担うのが面接試験です。この面接でも採用されるか、されないかの分かれ道です。もちろん筆記試験も合わせて選考されますから、どちらもこなせるようにしましょう。

自分の持っているスキルや経験、実績など普段から細かくメモをするようにすれば、職務履歴書にも書けますし、書いて振り返ることで自信に繋がったりします。アピールポイントはあらかじめまとめておき、時間に余裕がある時に第三者に見てもらうことも大事です。

予想される質問を代理でしてもらい、こたえ方の練習をするのも良いですね。練習をすると面接での緊張や言葉の詰まりをある程度和らげることができます。

さて経験値の高い方が転職をする場合は、自分を売る武器をいくつも持っていると思いますが、保健師として初めて就職するという方はどこをアピールすれば良いでしょうか。

保健師は人と対話の中で業務を遂行するお仕事です。コミュニケーションが取れなければ、相手は保健師の指導に耳を傾けることはありません。相手が聞きたくなる対応の仕方が保健師には必要です。

もちろん面接でコミュニケーション能力が高いと判断されれば採用に有利です。自分の言葉で相手に分かりやすく説明・表現するというのは思っている以上に難しいものです。

少しずれると独りよがりになってしまうおそれがあります。できれば就職活動をしているグループや友達に、自己表現のスピーチを聞いてもらう機会があると良いですね。それは表現の練習だけでなく、人の表現方法も学ぶことができるからです。

保健師がうつを発症するとき

仕事をしていく上で、人間関係のこじれや精神的に肉体的にも苦痛な仕事内容があると思います。そうした中で、やはり精神的に病む人が少なからず出て、健康を害し、うつになってしまう方がいます。

保健師も、人の健康について考え計画を立て、指導する中で意見の食い違いもあるでしょう。健康に悪いとわかっていても、習慣を変えることはなかなかできません。明確な答えがないために、それを相手の立場や考えを尊重しながら健康へと導くことは、相当の苦労かと思います。

このように人に対して健康になるための指導をする保健師ですが、そのような職務故にうつ病になりやすいとも言えます。保健師は少人数で業務をこなしており、一人にかかる負担が大きいことも一因です。その負担は徐々に積み重なり、やがては心が病んでしまうのです。

現状に合わせ法律は日々変わっていきます。それを把握するだけでも大変なのに、使えるレベルまで身につけなくては業務をこなせません。

人の健康管理や指導は、相手の心を動かすためにも、まずは自分が良いお手本になろうとします。またある程度の知識を持っていなくてはなりません。普段の業務に加え、勉強を常に行っていなければならないのです。それは真面目で几帳面な方であるほど プレッシャーとなりうつを発症しやすいと言えます。

保健師の悩みの種は、業務内容やそれを潤滑にするための情報を勉強することばかりではありません。人と接する以上、人間関係の悪化などによりうつ病になってしまうケースもあるのです。

たとえば、職場で多いパワーハラスメントやセクシャルハラスメントです。保健師は女性が多いので、セクシャルハラスメントも多いのではないでしょうか。

現代社会ではストレスをため込むことは、もはや当たり前とさえ感じるものになっています。転職するのもひとつの手段ではありますが、リスクを負っていることも覚えておいてください。例えば、人間関係の悪化で転職する場合、次の職場が必ずしも良い人間関係だとは、面接の時点でもわからないはずです。

無理をせず、ストレスを発散できる方法をひとつは持つようにしましょう。そして同僚や友人でも良いですから、愚痴を言い合える人を見つけると良いですね。